2016年04月10日

感謝のきもち −参拝の心と作法(基本編)

参拝で一番大切なものはなにでしょう?

作法でしょうか?それともお賽銭でしょうか?

実は、一番大切なのは、「感謝のきもち」です。

神社の本質は、「願い事をしにいくところ」ではなく、「感謝のきもちを捧げにいくところ」です。

なぜなら、誰もがすでにお世話になっているからです。

神社の本質的な機能は、その土地のエネルギーを治めることで、周りの土地や日本全体とのつながりも治めています。

神社の個性によっては、それ以外の働きが顕著に表に現れていることもありますが、その場合もその奥には土地のエネルギーを治める働きが必ずあります。(その奥の基礎となる働きがあってこそ、個性を大きく現わすことができます。)

神社において、その土地の大地のエネルギーは、人の世と調和しやすいようにとの意図で治める設定がされています。
また、そこに、いわゆる御祭神をはじめとした高次の存在がコラボしてより大きなエネルギーの循環や機能も設定されます。

そのことによって、私たち人間の生活が成り立ちやすくなっています。

つまり、日本に生まれた私たちは、神社が存在し機能していることによって、人の世の生活や国が成り立ち続いていくことへの基盤的なサポートを受けているのです。

それは、個人的で具体的な願い事を1つ2つ叶えてもらうといった次元以前の、神社に参拝しない人でも知らず知らずのうちに受けている、大前提となる、恩恵です。
あなたが神社に心を向けていなくても、知らず知らずにそうした恩恵を受け取っています。

そして、あなたがそのことに気づいて感謝のきもちを向けることが、あなたと神社の関係をより豊かなステージへと進める第一歩になります。

作法も大事ですし、願い事をしてはいけないわけでもありませんが、一番大切なことを挙げるならば、やはり「感謝のきもち」です。

ぜひ、「いつもありがとうございます」と感謝のきもちで参拝してみてください*^人^*


⇒ 次は「作法と心」です^^

※カテゴリ参拝の心と作法(基本編)の記事一覧は・・・





日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 20:38| Comment(0) | 参拝の心と作法(基礎編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。