2016年04月17日

たくさんの気持ちが溢れて涙が(リサーチ体験談)

カテゴリ「産土神社などのリサーチ体験談」では、産土神社や自宅の鎮守神社のリサーチをご利用くださった方からのご感想メールを掲載しています。

こちらは過去の体験談(初出掲載2011.1.25)のため私自身の文章が今とはかなり異なっていて照れくさいのですが、ほぼそのままの形で従来ブログより転載いたしますm(__)m

※ご本人の許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。

* * * * * * *


−Hさんの体験談

ご指導通りの方法で、昨日、北澤八幡神社に参拝してまいりました!

ご本殿でお参りしていると、感謝の気持ちと、嬉しさと、懐かしさと、あったかさと…。沢山の気持ちが溢れて涙が出て来ました。

ご本殿以外に、産土社、高良玉垂社、円海稲荷社、野屋敷稲荷社、長栄稲荷社、愛宕稲荷社、弁天社がありました。

ひとつの小さなお社(稲荷社か弁天社かどちらかなのですが、よくわかりませんでした)にお参りしていたら、なんだか母に会えたような感じがして、涙が止まらなくなりました。 (私の母は他界しています。今でも会いたいなと思います。)

また参拝に参ります、と言って帰ってきました。
私は今も近所に住んでいるので、いつでも参拝に行けるのが嬉しいです。

この度、北澤八幡神社が産土様だと知ることができて良かったと思います。意識したことでなのか、以前より、守って頂いているんだという実感があります。ありがたいです。

調べて下さって、本当にありがとうございました。


−私からのコメント

神さまの温かさを実感できた素敵な参拝だったのですね…!
産土の大神さまも、早速の参拝を大変お喜びのことと思います。

おっしゃるとおり、人間の側が意識することで守っていただいている実感が増す、ということがあります。

これは、まず、人間の側の気づきによるところが大きいです。
そして、また、人間の側が気づいて、受け取ったり感謝したりできるようになると、神さまの側もよりサポートしやすくなるという面もあります。

とてもありがたいことだなぁ…と感じます。

お母さまのこと、そうなのですね。生前とは異なる形ではありますが、今もいつも、見守ってくださっていることと思います。
お社でそう感じられたこと、これからも参拝を続ける中で確かめたり大切にしたりしていってみてください。

 稲荷社か弁天社かよくわからなったとのこと、お社のどちらかにお名前の掲示はありませんでしたか? (柱、扉の上、など)
また、一般的には、狐の置物などがあれば稲荷社、池の中に配置されていれば弁天社、の可能性が高いとは言えます。
あるいは、何度か参拝するうちに神職さんにお尋ねできる機会があるかもしれないですね。

しかし、お名前よりもご自身が感じることのほうが大切ですので、お名前には無理にはこだわる必要はなく、流れにまかせて必要ならばそのうちにわかるだろう、といったことで充分かなとも思います。

なお、北澤八幡神社の境内社に限らず、稲荷社や稲荷神社でお願い事をすることをおすすめしていません。
これは、お稲荷さんで我欲のお願い事をする人が多いことなどから他の神社と少し異なる面があるからです。

すべてのお稲荷さんがこれに当てはまるわけではないのですが、当てはまる場合が多いため念のためお伝えいたします。

こちらこそリサーチのご縁をありがとうございました、これからもどうぞ末永くご参拝ください*^^*


* * * * * * *

体験談をお寄せいただきありがとうございます、感謝のきもちです。
Hさんと、Hさんの産土の大神さまの、いやますますのご開運をお祈り申し上げます。

「産土リサーチ」では、産土神社(うぶすなじんじゃ)をはじめ、みなさんと特にご縁のある神社を調べてお知らせします。
あわせて、祈り詞(いのりことば)を含む効果的な参拝方法もお知らせしています。

みなさんと神さまのご縁をサポートさせていただき、
みなさんにますます自分らしく生きていただたきたい…

そのお手伝いをさせていただけましたら光栄です*^^*



日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 17:23| Comment(0) | 産土リサーチ体験談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。