2016年05月10日

私には強い味方が…(リサーチ体験談)

カテゴリ「産土神社などのリサーチ体験談」では、産土神社や自宅の鎮守神社のリサーチをご利用くださった方からのご感想メールを掲載しています。

こちらは過去の体験談で、初出掲載は2012.5.30。

まだ、リサーチに神道フーチを使っていながらも、この頃から産土の大神さまや神社の神さまなど見えない存在と話しをするようになり、簡単なものながらご本人へのメッセージがあればお伝えするようになっていった、そんな時期です。

ご感想部分はそのままに、私自身の文章には少し手を加えた形で、従来ブログより転載いたしますm(__)m

以前もご感想をお寄せくださったモコさんが母さんについての新しいお話しを聞かせてくださいました。
⇒ 以前のご感想はコチラ☆

※ご本人の許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。

* * * * * * *


暑い位のいい天気ですね(^^)


私の母のことで、メールさせていただきました。

私の母なんですが、中今さんに産土神社を調べてもらってから、すごく物事が発展に向かっています。

側で見ていて「わぁ〜〜進んでいるなぁ〜」と感じます。

本人も、そのことは感じ取っているようで、「相手に対する自分自身の気持ちの整理ができて、すっきりした。」と、側にいつもいてくれる安心感を感じ取っているようでした。


「私には、強い味方が・・・」という感じです。

仕事に関しても、必要のない職場のご縁から、必要な職場へ変わらせてくれているようでした。


ご縁を頂き、いい職場に変更できました(^^)

そして、26土曜日に相生町まで、私の産土神社をきれいにしてくる!と、掃除にでかけていました。

一人で生活している母にとって、神様との出会いはものすごくいい出会いとなってよかったです。

重ね重ね、ありがとうございました。



* * * * * * *


前回のご感想に引き続いてシェアをしてくださり、本当にありがとうございます。
 
大きな愛で見守られていると知って生きられることは、本当に幸せなことだと思います。

依存ではなく、いい意味での心の拠りどころって、やはり人には必要だと思うのです。

 
また、お母さまのお掃除のエピソードには、お気持ちと行動力に感銘を受けました。

現代は、残念ながら、多くの神社で人手が充分に行き渡らず、手入れやお掃除が行き届きづらくなっています。

これは人間社会の側の問題であり、神さまの側の問題ではありません。

人間社会の側の問題といいますのは、社会意識のなかの神社によせられる気持ちやエネルギーが減っているため、昔と同じ形で神域を維持しづらくなっていることです。
維持にはお金や人出が必要ですが、それが難しい社会状況があります。
これは、一部の有名神社や大きな神社以外の多くの神社に共通する問題であり、人間社会の変化による現象であり、神さまの力うんぬんによるものではありません。

そして、実は、そうした状況への認識がないままに、今の神社の物理的な状況でその神社の神さまの価値がはかられることがあることを個人的に残念に思っていましたので・・・

自分に縁のある神社を自分できれいにしよう!と自然に発想されるお気持ちや行動力が、まぶしく輝いて感じられました。

素敵なお話しをうかがえて本当にうれしいです*^^*

 
神さまの輝くオーラは、人が敬うことでますます光を増します。
より正確に表現すると、もともと輝いているオーラが表により現れやすくなり人の世に届きやすくなるイメージです。

すると、その光輝く神さまのオーラのサポートが、人まで届きやすくなり、人の側も受け取りやすくなります。
 
お母さまと産土の大神さま、産土神社の神さまがたがのそうした素敵な交流、これからも末永く続いていきますように…!
いやますますのご開運をお祈り申し上げます。



「産土リサーチ」では、産土神社(うぶすなじんじゃ)をはじめ、みなさんと特にご縁のある神社を調べてお知らせします。
あわせて、祈り詞(いのりことば)を含む効果的な参拝方法もお知らせしています。

みなさんと神さまのご縁をサポートさせていただき、
みなさんにますます自分らしく生きていただたきたい…

そのお手伝いをさせていただけましたら光栄です*^^*



日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 15:55| Comment(0) | 産土リサーチ体験談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。