2016年07月28日

そこに神さまがいると思って祈る −参拝の作法と心得(基本編)


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、カテゴリ参拝の心と作法(基本編)の記事を

鈴を鳴らす

と書き進めてきました。


いよいよ、ここから、祈りの本番・・・

ということで、今回は、
祈る際の心構え・意識の向け方として

そこに神さまがいると思って祈る

ことをお伝えします。


何を当たり前のことを?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

が、

ひとり言のように
自分の内側でブツブツと祈って
終わっている方がけっこう多い、

という現実があります^^;

それではせっかくの参拝の機会が
もったないですので、ぜひ、
次のようなことを意識してみてください^^


見えなかったとしても
聞こえなかったとしても、
「そこに神さまがいる」と思い
意識をむけて祈ると、
祈りが通じやすくなります。

対人関係でも
話し相手の目を見るなど
相手をしっかり感じ意識して話すと
通じやすい、そのことと同じです。


では、どうすれば
「そこに神さまがいる」と思い、
意識を向けることができるのか?


ごくシンプルな説明としては、

・頭を空っぽにして
 (グルグル思考をストップして)

・ハート(胸)から
 「○○神社の大神(おおかみ)さま…」
 と呼びかけて

祈ればOKです。

ハートを開いて神さまに語りかけるイメージです。

(その際に何かが見えたり聞えたり
 していなくても大丈夫です^^)


神さまの存在をエネルギー的に感じる場合は
そのエネルギーを感じながら祈るといいですし、

感じない場合は、
前方にいる・自分と同じ空間にいるなど
イメージしやすい設定で意識して祈るといいです。

自分の意識やオーラを広げて
神さまと交流するイメージもいいですね。


私は感じないから分からないから・・・
と頭で決めてしまうことを手放して、

耳を澄ませるように
神さまへと心を澄ませて意識すること。

ぜひ実践してみてください*^^*



⇒ 次は「名乗る」です^^


※カテゴリ参拝の心と作法(基本編)の記事一覧は・・・

 




日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 23:54| Comment(0) | 参拝の心と作法(基礎編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。