2016年11月01日

神社がその場所にあるワケは?

こんにちは^^
日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です。


さて、神社はどうしてその場所にあるのでしょうか?

これまでに個人的に感じた限りでもいろいろな理由があるようですので、いくつか挙げてみます^^


1.エネルギー的なスポット
いわゆるレイラインなど、エネルギー的な要所にある。
例えば厳島神社はここに入るかな〜と思います。


2.地理的なスポット
山や断層など、地理的な要所にある。
例えば諏訪大社はここに入るかな〜と思います。
(付近で中央構造線とフォッサマグナが交差しています。)


3.自然上のスポット
地理的なスポットよりももう少し身近なレベルでの要所にある。
例えば水が湧いているところ、など。
山の麓では水が湧きやすいので、
山麓にぐるりと神社が点在している、といったこともあります。


4.古墳など古代の遺跡と関連するスポット
古墳や遺跡との関わりでそこにある神社も多いです。
(そもそも古墳自体どうしてその場所につくられたのか?
ということがあったりもしますが^^)


5.地域の中での最適スポット
先に「この地域に神社をつくりたい」というアイデアがあり、その地域内での最適スポットを選定して。
(上の1〜4の場合では、いわば「この場所は・・・!(なんか特別、こういうところには)神社でしょ!」的な感じで、それと順序が逆な感じです。)


いま思いついたのはこんな感じです。
(他にもあるかもしれません^^)
複数の理由が複合している場合も多いです。

どの理由だから良い・悪いはありませんが、こんな観方をしてみるのも面白いかな?と書いてみました。

そこの気が特別だから神社として設定されていることもありますし、神社として設定したときに気の良さが際立てられることともありますし、神社として祀られるうちに気の良さが洗練されていくことがありますし、成り立ちや経緯はいろいろですが、

いずれにしても、神社の祭祀が守られていくことは大切ですしパワフルなことです。

あって当たり前ではない。

守ってくれる人がいて続いている。

ありがたいことだなぁ・・・と感じます*^人^*



※この記事は無料メールマガジン「産土だより」のバックナンバーからの掲載です。配信をご希望の方はコチラでご登録いただけます*^^*




日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 22:20| Comment(0) | 日本の神さま・神社について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。