2016年12月22日

年神さま(としがみさま)


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、タイトルの

「年神さま」(としがみさま)

ってご存知ですか?

おなじ読みで「歳神さま」と
書かれることもあるこの神さまは、

神道の神さまで、
新年に各家にやってくる神さまのこと、
と言われています。

(こうした特定の時期になると
やってくるタイプの神さまのことを
「来方神(らいほうしん)」
と呼ぶこともあります。)

地方によって呼び方が異なることもあるようです。
お歳徳(とんど)さん、正月さま、年爺さん、
若年さん、などなど。

(「正月さま」って・・・
なんかいいですね、和みます^m^)


お正月を迎えるためのさまざまな飾りは
この年神さまを迎えるためのもので、
例えば↓次のような↓具合です。

(例)
・門松 − 年神さまが依(よ)りつくためのもの。
・しめ飾り − 年神さまを迎えるための清浄な場であることを示す。
・鏡餅 − 年神さまへの供え物。

632732.jpg


現代の生活でお正月のしつらえを
どの程度すればいいものか?

家庭ごと・地域ごとの差もあり
一概には言えませんが、大切なのは「意図」。

「こうしなければいけない」という
形へのとらわれから考えるのではなく、

「新年の神さまを清々しく迎えるために
 できること・したいことをする」という意図で
考えたり実践したりするといいな♪と思います^^


でも、新年の神さまって、
どういうことなんでしょうね?

天照大御神さまのように、
一柱の神さまとして、
存在しているのでしょうか?


このあたりについての
現時点での私の認識は次のような感じです。

一般に年神さまと言われているのは・・・

古来から繰り返されてきた
新年の祝いのなかで築かれてきた
集合エネルギーです。

昔は、今以上に、暦(こよみ)に力がありました。

自然と生活が密接につながり、
主要な産業は農耕であった時代は、
暦は叡智の一部であり、

暦を知るものは
その集団で力を持つ者でもありました。

(みんながカレンダーを持っているわけではない、
学校の理科で自然について教わったわけでもない、
マスメディアからの情報もない・・・
そんな時代を想像してみてください^^)

属する集団で暦を共有し、
暦はその集団の集合意識のリズムでもありました。

そうした営みのなかで
「新年を迎える」ことへの様々な解釈が
集団や地域ごとに成り立ってきました。

年神さまについて、
穀物神であるとする・祖霊であるとなる・など、
さまざまな捉え方があるのはそのためです。

そうした経緯(いきさつ)を見渡したうえで
年神さまを捉えるならば、

「新年に際してリニューアルされる
 エネルギーやその動き」

ということができるかな、と感じています。


この記事を年の瀬にご覧くださっている
あなたもどうぞよいお年をお迎えくださいぴかぴか(新しい)^^


※この記事は
無料メールマガジン「産土だより」の
バックナンバーからの掲載です。
配信をご希望の方はコチラでご登録いただけます。




日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 21:59| Comment(0) | 日本の神さま・神社について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。