2017年04月30日

春落葉(はるおちば)

こんにちは^^
日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です。


ご神木(ごしんぼく)。

神社の境内で会うとうれしくなりますよね*^^*

長い年月を生きてきた樹には叡智がありますし、その存在感やエネルギーも素晴らしいです。

ご神木としての特別な扱いをされていないたくさんの木々にしても同じですね〜。物理的な酸素効果やマイナスイオン効果やありますし、エネルギーも清々しいものです。


ご神木となる樹の種類に決まりはありませんが、常緑の樹であることが多いです。

常に緑であることと、常に栄えること−いやさか(弥栄)とを、かけているのだという説が有力です。

例えば、杉とか。
針葉樹ですから常緑ですよね^^

あるいは、楠(くすのき)とか。
広葉樹なのですが、落ち葉するのですが、常緑です。
(下の写真が楠です。阿波国一宮大麻比古神社のご神木にご登場願いました^^)

楠木.jpg

 
広葉樹なのに常緑ってちょっと不思議なようですが、
秋にいっせいに散ってしまうのではなく、
春の若葉が出てから、古い葉が散るので、
全部の葉がなくなってしまうことはなく
樹全体としては常に緑、という仕組みです。

 
下の写真で色が薄赤茶色っぽくなっているのがこれから散る葉です。

春落葉.jpg

時期は、ちょうど今ごろ、4月半ば〜5月半ばくらいでしょうか。(地域差があるかもしれれません。)

これを「春落葉」(はるおちば)と言い、季語にもなっています。

春落葉・・・ う〜ん、なんか、シミジミくる言葉です。

四季に自然の脈動を感じる日本人のDNAがシミジミするのかもしれません^w^


一見、神社とは無関係な話しのようですが、神道のこころと自然には深い関わりがありますので、このブログでも取り上げてみました。

自然と共にあることや自然の在り方から学ぶことは、神道のこころの大切な部分ではないかな〜と思います^^

神職さんたちが落ち葉掃きにお忙しい時期、という面もあります。掃いて、振り返ったらまた落ちている、なんて話しを聞いたこともあります^^;
ありがとうございます^人^


あと、春に限らない落ち葉の仕組みの話しのシェアを。
生物学者の福岡伸一さんの著作『遺伝子はダメなあなたを愛してる』からの抜粋紹介です。

・ ・ ・

植物は動物のような血液・腎臓・排泄のしくみがありません。
そこで植物は、細胞の内部に特別な閉鎖空間を作って、有害物質や老廃物をため込んでいます。
この廃棄物プールを液胞といいます。
つまり内部の内部を外部として使っているのです。
葉っぱはエネルギーの製造工場であるとともに、ゴミ貯蔵庫でもあるのです。
でも液胞にもキャパシティーがあります。
そこで葉っぱは一定の期間ごとに捨て去らなければならないわけです。

・ ・ ・

なるほど〜!

生命の仕組みにスゴイなと思ったり。
ゴミ貯蔵が満タンになって散ろうとする紅葉を愛でる私たちの心がなんだかインタレスティングに思えてきたり。

落ち葉や枯れ葉に「おつかれさまでした」と声をかけたいです♪^^

(ちなみに本は私にはとてもオモシロかったです。いろいろ視野や意識が広がる感覚がインタレスティングでした^^)


春落葉。

この時期、神社などで楠に会う機会があれば意識してみてください♪^^




日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

 
このブログの更新情報のメール配信は ⇒ こちらのご案内記事で♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

【神社と自然の最新記事】
posted by 日本の神さまコミュニケーター at 21:50| Comment(0) | 神社と自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。