2017年10月05日

神道と先祖供養

こんにちは^^
日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です。

タイトルの「神道」と「先祖供養」・・・
もしかすると、その2つに何の関係があるの?という印象かもしれません☆

394567.jpg

現代では、一般に、
仏教との結びつきのイメージが強い「先祖供養」。

実はこのイメージには江戸時代の檀家制度が大きく影響しています。

当時の幕府は人々の戸籍を管理するために、人や家は必ずどこかの寺に属して墓も持つよう義務づけ、その流れで、先祖供養におけるお寺優勢が今も続いているのです。


しかし、本来、先祖供養は神道とも深く結びついていました。

今も行なわれている神式(神道式)の葬儀は寺の檀家制度が始まる前はもっとポピュラーでしたし、

そもそも古神道においては、大自然や宇宙・その仕組み・見えない大いなる存在、などと並び、先祖の御霊(みたま)を祀る(まつる)ことも信仰の重要な要素でした。

それは「祖霊信仰(それいしんこう)」とも呼ばれる信仰で、
ご先祖さまが亡くなれば一定の期間や儀式を経て、清まり、神となり、それまでにいらっしゃった他のご先祖さまと一緒になって、神として働く、
というものです。


これはエネルギー的にみると、確かにあることです。

祖霊のエネルギーの前段階的なこととして、DNAを共有する血縁者のつながりによる共有エネルギーがあります。(これは生死を超えてつながる共有エネルギーです。)

その共有エネルギーを通じ、ある種の気質や性質を共有し、さらには葛藤や煩悩・取り組んでクリアしたいテーマなども共有しています。

そうした共有エネルギーのさらに奥に、祖霊のエネルギーがあります。
祖霊のエネルギーは、葛藤や煩悩を持ちません。、
その葛藤や煩悩をクリアした先にある輝きのエネルギーです。

祖霊のエネルギーを意識しつながることで、その輝くエネルギーの恩恵を受けやすくなり、自分の葛藤や煩悩をクリアするサポートになります。
また、ひいては、葛藤や煩悩を含めたエネルギーを共有している血縁者のサポートにもつながっていきます。


仏壇に向かうときやお墓参り・法要などの際には、一人ひとりの故人を思うことに加え、祖霊にも意識を向けてみてください。

自分たちの血のつながりのずっと奥に存在する1つの輝きにつながる。
そう意識することでつながりやすくなります。

いつも奥にあり支えてくれていることへの感謝や自分らしく生きることへのサポートのお願いなどを伝えること、オススメです^^


※これはエネルギー的なレベルの話しですので、宗教・宗派は関係ありません。
例えばお寺のお墓やお仏壇に向かい心の中で行なって大丈夫です。
安心して行ってみてください^^


※この記事は無料メールマガジン「産土だより」のバックナンバーからの掲載です。配信をご希望の方はコチラでご登録いただけます*^^*





日本の神さまコミュニケーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 14:09| Comment(0) | 日本の神さま・神社について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。