2018年04月18日

祈り詞をいうときに周囲が気になることがあります、どうすればいいですか?


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、このブログの

カテゴリ「参拝のコツやヒントQ&A」では、

神社参拝についてよくいただくご質問と
その回答を掲載しています。

【ご質問】


祈り詞をいうときに周囲が気になることがあります。どうすればいいでしょうか?

周囲に人がいると、声を出しづらかったり、祈り詞を書いた紙を取り出しづらかったりしてしまうのです。

 


※ヒーリングルーム中今では、
産土神社や自宅の鎮守神社の
リサーチ結果と合わせて
参拝の作法や「祈り詞(いのりことば)」を掲載した
資料もお届けしています。

「祈り詞」は声に出すほうがよりオススメで、
この点についてのご質問を時々いただきます。

今回のQ&Aはその点への回答であり、
同時に、祝詞をあげたい方にも
部分的にご参考にしていただけると思います。



【回答】


周囲の人が気になるときは
無理に声を出さなくてもかまいません。

ただ、なんとなく思うレベルではなく、
明確な文章で申し上げるほうがよいです。
(祈りと雑念が紛れてしまわないようにするため。)

心の中で祈り詞を読み上げるとよいでしょう。

祈り詞を書いた紙を出して
それを心の中で読み上げてもいいですし、

紙が出しづらければ、
祈り詞のとおりでなくていいので
自分が思う文章を心の中で言うといいです。

自分だけに聞こえるような
ごくごく小さい声で申し上げるのも
オススメの方法です。

この場合は、声は小さく、しかし、
発音や発声は明瞭にすとよいです。


なお、神社によっては、
本殿の後ろや側面などにも参拝場所が設けられています。

そういった場所のほうが人が少なく落ち着くようであれば、そちらで参拝する方法もあります。

また、じつは、 ご本殿が見える自由な場所から手をあわせて参拝することもOKです。

ほかのかたの邪魔にならないように配慮しながら、
できる範囲、無理のない範囲で、
うれしく、楽しく、ご参拝ください♪

(修行のように堅苦しく考える必要はありません)


ご参考になれば幸いです^^



日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 21:47| Comment(0) | 参拝のコツやヒント Q&A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。