2018年04月22日

「お礼参り」はしたほうがよいですか?どんなときにどんな気持ちですればよいですか?


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、このブログの

カテゴリ「参拝のコツやヒントQ&A」では、

神社参拝についてよくいただくご質問と
その回答を掲載しています。


【ご質問】

「お礼参り」について教えてください。

お礼参りはしたほうがいいですか?どんなときにどんな気持ちですればいいのですか?



【回答】

心からお礼参りができる自分自身のあり方が、自分を感謝の波動で満たし新しい嬉しさや楽しさも運んでくる。もちろん神さまにも伝わります。



「お礼参り」とは、

神社やお寺で願い事をし
その事が一段落した後でお礼のお参りに行くこと

です。

もしかすると、一般には、
「成就したら → お礼」の認識かもしれませんが、

私の感覚ですと、
結果にかかわらず「一段落したら → お礼」となります。

(例えば、受験が合格でも不合格でもお礼、という意味です。)


この違いには、

神社仏閣での「願い事」をどうとらえているか?

という前提が関係しています。

といいますのは、私のとらえ方・姿勢では、
神社で願い事をすることは

・神さまの前で
 「自分はやります」と宣言をすること

・そのうえで
 自分の応援をしてくださいとお願いをすること

であって、
神さまに結果をコントロールしてくださいと
依頼することではないので、

成就したかどうかによって
お礼をしたりしなかったり
という発想にはならないのです。


私たちの願いや望みが叶うか?叶わないか?
どんな現実を引き寄せるか?

本質的に、すべて、私たち自身の問題です。

「自分のせい」といった小さい意味でなく、

私たちは、本来、
思ったことをもれなく現実化できる
大きく自由な力を持った存在なのです。

ただ、あえて、
そんな自分の力を忘れたところから、
本来の力や姿を思い出して取り戻すことを、
人それぞれ自分のペースで体験しています。

神さまや仏尊さまがしてくれるのは、
そうした私たちのペースと決意(コミット)に応じたサポートです。

この本質的なスピリチュアルな仕組みからみれば、
結果にかかわらずお礼参りをすることへの
イメージがわきやすかったり
腑に落ちやすかったりするのではないでしょうか。


神社仏閣で願い事をしたら、その結果に関わらず、
事が一段落した後でお礼のお参りに行くのがオススメです。

(逆方向から表現しますと・・・
 お礼参りを「面倒くさい」と感じるならば
 願い事を控えるのがいいです。)


でも、バチがあたるからではないです。

(そもそもパチはあたりません^^)


また、義務だからでもないです。

相手が神さまで偉いからでもありません(笑)

単に、シンプルに、
お願いをした後で報告やお礼をすることが
人として大切にしたい感謝の心や姿勢だからです。

自然とそれができる感謝の心や姿勢こそが、
私たちの人生を歓びで満たしてくれたり
スムーズにしてくれたりする、
とても大切なものだからです。

本来はそれが自然だし、
自分にとっても心地よいことなのです。

心からお礼参りをするということは、
感謝の波動に自分が満たされること。
 
そのこと自体が嬉しく楽しいことで、
新しい嬉しさや楽しさも運んできてくれます。
 
お礼参り、オススメです。


(遠くてすぐにはいけない、などの場合は、
 せめて心でお礼を伝えたり、
 いつか足を運びたい気持ちでいたり、
 したいところです。)


ご参考になれば幸いです^^


※参考記事
お礼参りの意識とあわせて知っておきたいヒント。




日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪
 
posted by 日本の神さまナビゲーター at 14:07| Comment(0) | 参拝のコツやヒント Q&A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。