2019年01月08日

新年のメッセージ(平成31年)

20190108大麻さん2.JPG
−阿波国一宮大麻比古神社 2019.1.8 撮影−


新年あけましておめでとうございます。

日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です^^

旧年中はご訪問やいいねをはじめ
たくさんのご縁をありがとうございました!

平成31年がみなさまにとって、
健やかで素晴らしい年となりますよう
お祈り申し上げます。


さて、今日は、
新年になって初めて大麻比古神社に参拝しました。
私が住む徳島県−阿波国の一宮にあたる神社です。

大麻比古神社の大神さまから
ご縁あるみなさまへ私を通じて伝わればと
メッセージを預かりましたので
このあとシェアさせていただきます。
どうぞご覧くださいませ。

(徳島にお住まいの方に限らず、
 みなさんに受け取っていただける内容です。)


 ・ ・ ・


あけましておめでとうございます。

みなさまにとって健やかな一年となりますようお祈り申し上げます。

今年は例年にも増して変化の多い一年になることでしょう。

その変化を認識できるか。
認識した変化に対応できるか。
それにより、この一年があなたにとってどういう一年になるかが決まることでしょう。

変化を認識すること。
自分の軸を持ってそれに対応すること。

単にこれまでそうだったからという理由だけで、変わることを拒まないこと。

大事なことを残しながら、しなやかに変わる道を歩むこと。

これらがあなたの一年を助けてくれることでしょう。

私どももそれらのことを踏まえ日本の国を見守りサポートしてまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年1月8日
大麻比古大神


 ・ ・ ・


20190108大麻さん.JPG
−阿波国一宮大麻比古神社 2019.1.8 撮影−


必要な方に受け取っていただければとてもうれしいです。


ブログがなかなか更新できておらずスミマセン、
ご覧くださって本当にありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします^^



日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です♪
「ヒーリングルーム中今」という屋号で活動しています

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^

「産土神社などあなたと特別なご縁がある神社のリサーチ」は ⇒ コチラ♪

「日本の神さまや神社についての情報発信」は ⇒ コチラ♪

その他、スピリチュアルな個人セッションやワークショップの提供も ⇒ コチラ♪

posted by 日本の神さまナビゲーター at 20:03| Comment(0) | 神さまからのメッセージ

2018年09月21日

背筋が伸びるような気持ちで帰って来れました(リサーチ体験談)


樹.jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


◇産土神社を参拝されての体験シェア


そして、さて♪


産土神社や自宅の鎮守神社を
リサーチされた方からの
ご感想メールをご紹介しています。

今回はご紹介するのは
Tさん(兵庫県)からいただいたご感想です。
※ご本人の許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。



* * * * * * *


◇最近、色々家庭の事などで気持ちが不安定になっていたのですが、凄く清々しい気持ちで、背筋が伸びるような気持ちで帰って来れました。



本日、自宅の鎮守神社に伺ってきました。

存在は知っていたのですが、今の家に引っ越してきて2年程で行ったことはない神社でした。


不思議なことがありましたのでご報告させてくださいね。


神社のすぐ近くに来た時に急に私が鍵やら財布やらにつけてる鈴がチリンチリン鳴り出したんです。

びっくりしました。

歩くスピードや歩き方を変えた訳ではありませんでしたので。

その鈴の音にびっくりしたものの、心地良い音でした。


また手水で手を洗っている時に、ランニングスタイルの方がささっと来られて、お社に柵のような扉があったのですが、それを開け入られお参りされていました。

その方が来られなければ、私は柵を開けられていたかわかりません。

その方はすぐに帰られて、ゆっくりお参りさせていただけました。


また、境内が大変涼しくて心地良い空気でしたので、少しゆっくりさせていただいていたのですが、

その時に「大丈夫だよ、そのままいいんだよ」とお声が聞こえたような気がしました。

ちなみに、チャネリングやスピリチュアルな事は私はできる人間ではありません。

なので信じられないような気持ちなのですが。


最近、色々家庭の事などで気持ちが不安定になっていたのですが、凄く清々しい気持ちで、背筋が伸びるような気持ちで帰って来れました。

本当にお参りに行けて良かったと思います。

これからもお参りを続けたいと思います。


ありがとうございます。


産土神社の方にはこの週末に伺うつもりです。

こちらも初めて伺う神社なので楽しみです。


* * * * * * *


メール、ありがとうございました!

自宅の鎮守神社への参拝が素敵なひとときになったようで
よかったです。

そのときの空気感が伝わってくるようです。

「凄く清々しい気持ちで、背筋が伸びるような気持ちで帰って来れました」

とのこと、なによりです^^

「大丈夫だよ、そのままいいんだよ」と聞えた気がしたとのこと。

受け取りましょうか〜^^

チャネリングとかスピリチュアルなことって、
あるいは直感とかインスピレーションとかも、
実は、もとは、私たちにとって自然なこと。

ただ、現代人の多くは、
一時的にそれを忘れてしまっている。

産土神社や自宅の鎮守神社では、
ふだんよりもそうしたことを受け取りやすくなる面もあります。

程度に個人差や状況差があることなので
こだわりすぎたり期待したりすると
本来の参拝の主旨がズレてしまい違ってきますが、

自然に感じたものは大切するといいですひらめき

これからも親しく参拝されてくださいね。
産土神社も楽しい参拝になりますように。


Tさん、この度はリサーチのご縁をありがとうございました!

TさんとTさんにご縁のある大神さまの
いやますますのご開運をお祈り申し上げます。



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 14:24| Comment(0) | 産土リサーチ体験談

2018年07月08日

無料メルマガ「産土だより」、7月の配信予定

※申し訳ありません、配信予定、
7月10日夜に変更になりましたm(__)m


メルマガ.jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています、
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^

さて、明日7月9日 午後8時〜、
7月の「産土だより」を配信します。

※申し訳ありません、配信予定、
7月10日夜に変更になりましたm(__)m


無料メールマガジン「産土(うぶすな)だより」では、

・日本の神さまや神社についてのミニコラム
・日本の神さまからのメッセージ
・ヒーリングルーム中今からのお知らせ

などを掲載しており、

ご覧くださる方の
充実した人生や神さまとの交流のお役に立てば
と配信しています。

今のところ、
月一度程度・月初めを目標に配信しています。
(ずれ込むことも多々あります^^;)


今回はミニコラムはお休みしますが
日本の神さまからのメッセージはお届けします。

どの神さまからのどんなメッセージなのか?

ぜひメールマガジンをご覧くださいね!

下のリンク先で無料読者登録ができ、
次回からも自動で届くようになります。

 (メルマガスタンドまぐまぐ!にて)

 
ご活用いただけたらとてもうれしいです、
どうぞよろしくお願いします。

※「まぐまぐ!」でうまく登録できない、
 またその他の理由でも、
 私からの直接配信をご希望の方は
 info☆onn.sakura.ne.jp 宛てに
 メールでご連絡ください。
(アドレス中の☆は半角の@に置換えてください。)
(携帯アドレスの方は、
 上のアドレスからのメールを受信できるよう
 設定してください。)

※登録したのに届かない、
 解除した覚えがないのに届かなくなった、
 などの場合は、
 メールの受信設定がポイントかもしれません。
 詳しくは「まぐまぐ!」のヘルプ
 「メルマガが届かないとき」をご確認ください、
 gmail・yahooメール・各携帯キャリアメール
 ごとの 設定方法も載っています。
 http://help.mag2.com/000335.html



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 16:31| Comment(0) | メールマガジン

2018年07月01日

一宮(いちのみや)


20180625田村神社.JPG
−讃岐国一宮 田村神社(2018.6.25撮影)−


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、今回は、

一宮

についての記事ですひらめき


一宮(いちのみや)

今もその働きは生きている

私たち誰もが縁をしている頼れる神社


一宮(いちのみや)。

神社好きの方に限らず、
多くの方が知る言葉ではないでしょうか。

「あの神社は一宮だ」など
神社に関連する言葉としての認識も、
「一宮市」といった地名としての認識も、
両方ありますね。

あなたの認識や印象はいかがですか?


「一宮」という言葉のもともとは、
やはり、神社に関係しています。

その地域の一番の宮なので一宮。

この場合の「宮」とは神社のことで、
その地域の一番の神社、という意味の言葉です。

(「一宮市」などの地域名は、一宮である神社がその地にあることから名づけられたもの。)


「地域の一番の宮」の「一番」は、
何かの優劣をつけての一番、ではなく、
その地域の取りまとめリーダーをします、
という役割のことになります。

便宜上のヒエラルキーや役割はあるけれど、
優劣のジャッジはない。

このニュートラルな感じが大切です。

(人間の側が勝手に優劣をジャッジしがち、
 要注意なところです^^)


そして、「その地域の一番の神社」というときの
「その地域」とは、「旧国」のことです。

例えば、私が住んでいる徳島県は、
旧国でいうと阿波国。

この記事の冒頭の写真説明にある
讃岐国は、香川県の旧国名。

といった具合です。

あなたがお住まいの地域は
旧国ではどちらでしょう?
たぶん、
なんとなくご存知なのではないでしょうか。
(けっこう生活のなかで触れることあるかな?と)


旧国は、
日本の古代律令制から始まった地域区分です。

現在の行政では使われていませんので
便宜上「旧国」と呼ばれることが多いですが、

厳密には、廃止する法律はないので旧ではない、
ただ「国」というだけで本来はよい、
とする説もあります。

(現在の都道府県は、藩の代わりの地域区分で、
 (旧)国の代わりではないところからの説。)

とはいっても、
実際今の生活ではほとんど使わないから、
旧は旧なんじゃないの〜?
という印象もあるとは思います。

日常生活レベルでは、そうですよね。

そして、同時に、
神社の世界では、(旧)国は、生きています。

(どれくらいイキイキと生き続けていて機能しているかは地域差もありつつ・・・)


律令制の時代には、
神社と政治は密接に関係していました。

地域の神社のアレコレも
地方政治の仕事一つであり、

当時の国のなかで、
神社の一覧をつくって把握・管理したり、
地域に神社のネットワークをつくったり、
その他いろいろを通じて、
地域の神さまに地域を守り導いてもらうよう
設定をしていたのです。

国ごとの一宮とは、
そうした国単位の神社政策の一つ、
その国−地域の神社ネットワークの
頂点の役割をになう神社のことなのです。

俗っぽい例えで表現すると、
地域の神社連絡網の一番上に名前がある神社、
というイメージです。

(連絡網って最近もあるのかな〜?)
(わからない方がいらしたらすみません^^;)


一宮は、担当する国全体を見渡しています。

その地域、その地域の神社、その地域に住む人々、
全体を見渡し、自分自身のこととして受けとめます。

日本に住む私たちは、誰もが、
どこかの国に住んでいるわけですから・・・

私たち誰もが、
自分が住む(旧)国の一宮とは縁をしているわけで、

地域の担当意識・役割意識が強い神社の世界では、
かなり心強い頼れる存在といえます。


一宮について、いかがでしたか?

一宮への理解や親しみを
深める機会にしていただければ幸いです^^


※一宮について、
また、もう少し書こうかなと思っています。
どうぞお楽しみに♪



あなただけの一生の守り神
「産土の大神さま」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 21:13| Comment(0) | 日本の神さま・神社について

2018年06月09日

こたえが光り輝くことを感じてください −天照大御神さまから夏至のメッセージ 2014.6.21


太陽.jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、今回は、
以前、夏至をキッカケに受け取った
日本の神さまからのメッセージのシェアです。


 ・ ・ ・


天照(あまてらす)です。
今日の夏至という時を祝福します。

時の流れは恵みとなり得ます。
時の流れを−星の巡りを、エネルギーの変化を、受け取り生かしてください。

今日、是非、みなさんにしていただきたいワークがあります。


ゆったりと目を閉じて、
ゆったりと呼吸をし、
太陽の姿をイメージします。

太陽の光が自分の中を満たすことを
イメージします。

そしてその輝きが自分の体から放たれ
自分のオーラを満たすことをイメージします。

その光がどんどん大きくなり、
その輝きが地球の中心や太陽に届くことを
イメージしてください。

その輝きのなかで、

これからの人生をどういきたいのか
これからの半年をどう過ごしたいのか

自分に問いかけてください。

浮かんだこたえに
あなたが包まれている光を送りましょう。

そのこたえが光輝くことを感じてください。


 ・ ・ ・


2014年6月21日−この年の夏至当日に
天照大御神さま(アマテラスオオミカミさま)から
受け取ったメッセージです。

今日は2081年6月9日で
夏至まではもう少し日がありますが、

夏至当日までに
できるだけたくさんの方に見ていただけたらと思い
この記事を投稿しています。

必要な方に受け取ってもらえたら
とてもうれしいです^^

ぜひ、夏至の日にワークしてくださいね!
2018年の夏至は6月21日です。


なお、6月21日(木)の夏至当日、
「夏至ワークショップ」を開催します。
(朝の部・夜の部から選べます。)

夏至のエネルギーを、
いっぱいに受け取り、いっぱいに活用する、
楽しいスピリチュアルワークショップです。

内容は

・夏至のスピリチュアルレクチャー
・夏至の誘導瞑想
・一人ひとりへのカードリーディング

で、カードリーディングでは
「日本の神さまカード」を使います。

ご関心ある方、ご一緒しませんか^^

▼詳細はコチラ
(もう1つのブログに移動します)



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
 
posted by 日本の神さまナビゲーター at 16:31| Comment(0) | 神さまからのメッセージ

2018年06月05日

あなたは、あなたのすべてを包み込んでいますか? −大山積大神さまからのメッセージ 2018.5.6


大山.jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、今回は、
ある日ちょこっと思いついてからひらめき
無料メルマガ「産土だより」のバックナンバーから
シェアして時々掲載している
日本の神さまからのメッセージです。


 ・ ・ ・


遠くからも見える大きな山。
そんな存在になりたいと思いませんか?

大きな山はたくさんの要素で成り立っています。

土、岩、エネルギー。
樹、草、花。
植物、動物、虫、微生物。
たくさんの存在がひとつになり山となります。

それは単なる集合ではなく、
集合することで産み出される
一つの新しい有機的な存在です。

すべてを含んで包み込む山という一つの存在。

あなたにもそのような面があります。

細胞がたくさん集まり、
臓器がたくさん集まり、
手足や胴体や首があり、
骨があり筋肉があり皮膚があり、
思いがあり気持ちがあり衝動があり、
たくさんの要素が集まりあなたと成っている。

あなたは、
あなたのすべてを含み包み込んでいますか?

あなたのなかのすべてを見渡し導く部分−
「魂」の目覚めを望んでください。

あなた自身の魂の導きにより生きられますように。


 ・ ・ ・


今回は、
2018年5月6日配信のバックナンバーからで
大山積大神さま(オオヤマツミノオオカミさま)から。

必要な方に受け取ってもらえたら
とてもうれしいです^^



※無料メルマガ「産土だより」は
↓コチラ↓から無料読者登録できます♪




「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする

posted by 日本の神さまナビゲーター at 15:55| Comment(0) | 神さまからのメッセージ

2018年06月03日

節目を意識して生きる −6月の産土だよりを配信します


メール (5).jpg
− メールマガジン、お届けしています♪ −


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています、
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、明日6月4日 午後8時〜、
6月の「産土だより」を配信します。


無料メールマガジン「産土(うぶすな)だより」では、

・日本の神さまや神社についてのミニコラム
・日本の神さまからのメッセージ
・ヒーリングルーム中今からのお知らせ

などを掲載しており、

ご覧くださる方の
充実した人生や神さまとの交流のお役に立てば
と配信しています。

今のところ、
月一度程度・月初めを目標に配信しています。
(ずれ込むことも多々あります^^;)


今回のミニコラムは
「節目を意識して生きる」、

メッセージは、
大直毘神(オオナオビノカミ)さまから
「辛いことが起っている方へのヒント」

です。

ご興味ある方はぜひメールマガジンをご覧ください。

下のリンク先で最新号の閲覧や無料読者登録ができ
次回から自動で届きますので見逃しがありません。

 (メルマガスタンドまぐまぐ!にて)

 
ご活用いただけたらとてもうれしいです、
どうぞよろしくお願いします。

※「まぐまぐ!」でうまく登録できない、
 またその他の理由でも、
 私からの直接配信をご希望の方は
 info☆onn.sakura.ne.jp 宛てに
 メールでご連絡ください。
(アドレス中の☆は半角の@に置換えてください。)
(携帯アドレスの方は、
 上のアドレスからのメールを受信できるよう
 設定してください。)

※登録したのに届かない、
 解除した覚えがないのに届かなくなった、
 などの場合は、
 メールの受信設定がポイントかもしれません。
 詳しくは「まぐまぐ!」のヘルプ
 「メルマガが届かないとき」をご確認ください、
 gmail・yahooメール・各携帯キャリアメール
 ごとの 設定方法も載っています。
 http://help.mag2.com/000335.html



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 23:49| Comment(0) | メールマガジン

「夏越の祓(なごしのはらえ)」のいま・むかし


茅の環.jpg
−八幡神社の茅の環(徳島県美波町日和佐浦)−


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、今回は、

夏越の祓(なごしのはらえ)

についてです。


◇夏越の祓(なごしのはらえ)のいま・むかし


神道の大きな祭事の一つである
「夏越の祓(なごしのはらえ)」。

6月の末日(30日)を中心に
全国の多くの神社で執り行われます。


※「祓い」や「大祓」については次のリンク先で詳しくご覧いただけます。まだの方は先に読んでおくとこの記事がより理解できます。


今回の記事では、祓いや大祓のなかでも特に、
「夏越の祓」の意味と時期についてみていきたいと思います。


現代では一般に、「夏越の祓」の意義として、

一年の前半半年をしめくくり
心身をリフレッシュするためと、

梅雨の時期を過ごし
暑い時期を迎えるための祈願のため、

ということがよく言われるのですが・・・

この季節の受け取り方は新暦に基づいたものです。

明治の改暦以前の昔は旧暦だったわけで、
新暦とは季節に違いが出てきます。

どのくらい違うのか?

2017年を例にとってみると、
旧暦の6月30日は新暦では8月21日にあたります。

今の8月21日・・・

「梅雨の時期を過ごし
 暑い時期を迎えるための祈願」

とはだいぶイメージが異なる季節ですよね。

もともと季節が異なっていたとすれば、
そこに込められていた意味合いも異なっていたのではないかな?と思われます。


夏越の祓は、

もともとは宮中祭祀だったものが
民間行事へと変化・広まっていった、

応仁の乱や神仏習合の影響で
途絶えていたこともある、

などの変遷を経て今にいたっていますので、


(神社の行事は、実は、この夏越の祓のように、時代とともに変化しながら続いているものが多いです。神社といえば伝統で昔からずっと同じというわけではない、という視点、けっこう大切だと感じます。)

(変わっていくことが寂しかったり悲しかったりという面もありますが、変わりながらも続いていることのありがたさもあるなと感じます。)


宮中祭祀の時点では、、
純粋に一年の節目の祭事という意味合いが大きかったのでは?
と感じます。

一年の締めくくりの年越の大祓、
一年の中間時点での夏越の祓、

それぞれ、国の平安などを意図して執り行っていたのではないでしょうか。

国の平安のためには国のツミケガレを祓うこと、
なので、祓の儀式。
(このあたりについては冒頭にリンク紹介している記事をご参照ください。)

それが、
やがて地域のツミケガレの祓いに、
やがて人々のツミカゲレの払いに、
さらに暑い夏を過ごしたことへのケアもプラス、
と変遷していったのではないかな?と感じます。


夏越の祓、お近くの神社で執り行われていれば参加してみるのもいいですね。

執り行っている神社の多くでは新暦の6月30日を基準に行っていますが、なかには今も旧暦基準で執り行っている神社もあります。(神社境内の掲示を確認したり直接問合せたりしてみましょう。)

神社での夏越の祓のパワフルさは・・・
ところによりそれぞれ、ケースバイケース、
と感じますが、

あなた自身が

「この半年のツミケガレを祓う
  =
 本来の自分の輝きをよりクリアに放つ」

ことを中心に、何をどう祓いたいのか?自分自身の意図も持って参加れば、楽しく深い機会にすることができることでしょう。


ご参考になれば幸いです^^


※この記事は、
メールマガジン「産土だより」の
バックナンバーに加筆修正しての掲載です。
メルマガではミニコラムや神さまのメッセージ
などをお届けしています、
無料読者登録はコチラにて☆


「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする

posted by 日本の神さまナビゲーター at 22:00| Comment(0) | 日本の神さま・神社について

メッセージに思わず涙が出ました(リサーチ体験談)


松尾大社 (2).jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


◇産土神社を参拝されての体験シェア


そして、さて♪


産土神社や自宅の鎮守神社を
リサーチされた方からの
ご感想メールをご紹介しています。

今回はご紹介するのは
Sさん(京都府)からいただいたご感想です。

※ご本人の許可をいただいて掲載しています。
※体験には個人差があります。



* * * * * * *


◇産土の大神様や神社の他の大神様のメッセージに思わず涙が出ました・・・


こんにちは、
先日は神社リサーチありがとうございました!

産土神社も鎮守神社も
以前からご縁があった神社で、
ああ、だからか・・・と一人納得していました。

神様のメッセージもありがとうございました!

産土や鎮守の大神様だけでなく
そこの神社の大神様のメッセージもついてて
少し驚いちゃいました。

そこには

「自分に正直に」
「望みを聞かせて」

とありました。

自分で思うところがあり・・・

こんなことを思ってしまう自分はダメだ、
自分は何かを願えるほどの人間なのか・・・
と思っていて、

産土の大神様や神社の他の大神様のメッセージに思わず涙が出ました・・・

鎮守の大神様からの言葉も
今の私に刺さるものがあり、
やはり神様は全てお見通しなのだな、
と改めて思いました。

同じ神社の他の大神様も受け入れて下さることも
初めて知り、
またメッセージでも歓迎していると言われて、
すごく嬉しかったです!

また後日、改めて参拝に行って来ます。

この度は、ご縁を本当にありがとうございました!!



* * * * * * *


リサーチ結果に納得される部分があったとのこと。

参拝が楽しみですね♪

神さまからのメッセージもお心に響いたご様子で、よかったです。

自分に正直であること。
もちろん、望みについても。

これは、本当に大切なことです^^

ぜひ、自分へのダメ出しや自分を責めることを手放して・・・

(反省は大切ですが^^ ダメ出しや責めることは、反省とは別のことで、不要なことなんですよ〜^^)

ありのままの自分を受け入れ認めたうえで、望む方向へ意識を向けて進んでいってくださいね!

(今の自分を受け入れ認めてはじめて、前に進めるものなんですよ〜^^)


Sさん、この度はリサーチのご縁をありがとうございました!

SさんとSさんにご縁のある大神さまの
いやますますのご開運をお祈り申し上げます。



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 15:28| Comment(0) | 産土リサーチ体験談

2018年05月30日

六曜(大安、仏滅など)について

六曜.jpg


こんにちは^^
日本の神さまナビゲーター・秋野真理子です。

四国・徳島を拠点に、
日本の神さまや神社についてのお話しを
発信しています♪

産土神社のリサーチは
全国からお申込みを承っています♪
お気軽にお寄せいただけたらうれしいです^^


さて、このブログの

カテゴリ「参拝のコツやヒントQ&A」では、

神社参拝についてよくいただくご質問と
その回答を掲載しています。


【ご質問】

大安、仏滅などの「六曜」は気にしたほうがよいですか?



【回答】

「六曜」は、神道にも仏教にも根拠がないと言われています


「六曜」とは、暦に書き添えられることのある情報で、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があります。

カレンダーやスケジュール帳に書かれていることも多く、みなさんにも馴染みがある概念ですよね。

この六曜、実は、神社や神道とは関係ない事柄なので、私の専門外なのですが^^;

日本に古くから伝わる運勢に関係する概念なので神道とも関係ありそうと感じる方もいらっしゃるのか、たまにご質問をいただくことがありますので、記事にしてみています^^


「六曜」は、神道にも仏教にも根拠がないと言われています。

これはあくまで一例ですが、皇室でも六曜は考慮していないようです。

(↑皇室は神道と深い関わりがありますので、もしも神道と六曜に関係しているなら皇室でも六曜を考慮するはずだけれど、していないのですよ〜、という意味の例です^^)


私自身も、特に気にすることはありません。

ただし、周囲への適度な配慮として六曜を扱うことはあります。

例えば、自分自身は仏滅に結婚式をして悪いことが起るとは思わないけれど、親や親族などが気にするので避けておこうか、わざわざ「六曜は関係ないよ!」とか闘うのも面倒だしな、みたいな感じのことです。

何でもかんでも人にあわせて従う必要はありませんが、現実的な配慮や思いやりなどのレベルで気持ちよく歩み寄ることは、それはそれでいいのではないでしょうか。

でも、これは、コミュニケーションや世間知のレベルの話しかなと思います。

運勢や運気、スピリチュアルといったこととは別の話しですね、という意味です。


ご参考になれば幸いです^^



「あなただけの一生の守り神」とのつながりを強くする
posted by 日本の神さまナビゲーター at 22:00| Comment(0) | 参拝のコツやヒント Q&A